トレーニングその他, バランス系アーサナ

「腕立て伏せ」

oapushup from idehiroyuki on Vimeo.

自重トレーニングで最もポピュラーなのが腕立て伏せです。

しかし、この腕立て伏せ、きちんとした、筋トレとして効果がでるようなフォームでやっている方はほとんどいません。
少しフォームを変えただけで、鍛える部位が微妙に変化します。

悪いフォームでやると、まず、腰にきます。

数を多くこなせば良いと、回数ばかり自慢する人がほとんどです。
そして、腕にだけ意識を集中している人が多いです。

では、どのようなフォームでやればよいのか?と言われると、多分、本一冊必要かも知れません。
しかし、最近ではYoutubeで、特にアメリカのトレーナーさんが、とても良いフォームと練習方法を教えています。

視聴回数が多い方が信頼性はあると思います。

その腕立て伏せの中でも、究極が、この片手腕立て伏せです。

上腕三頭筋、三角筋、背筋、体幹、その他、全て総動員してバランスをとります。

これがしっかりとしたフォームでできるようになると、ほとんどのヨガのアームバランスは、その場でできるようになると思います。

私は、小4で柔道を始めたころから、ずっと腕立ては日課ですが、
ほとんどのヨガのアームバランスは、トライしたその場でできるようになりました。

筋力だけではないと、練習を続けていると分かります。

腕立て伏せ、奥が深いです。

私の腕立て伏せもまだまだです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です