トレーニングその他, ニュース・話題

「ガス給湯器故障」

4日前にガス給湯器が故障した。年末になると、見計らったように、こんなことが起きる。

在庫がないため、取り付けは1月になると言われた。
しかし、
偶然、在庫が見つかり、現在取り付け工事が進行ちう。

あとじまいで、お湯が出ないのは、ちょっと不便したが、私は、一年を通して、朝から「水行(みずぎょう)」をやっているので、お湯のシャワーがないのは、不便を感じない。

水行は、もともと日本仏教の修行だが、同じようなものがチベットやアフガニスタンにもあるらしい。
具体的には、水をはった浴槽にしばらくつかるか、洗面器8杯の水道水を浴びる。この8杯という数字が大事。

4杯を浴びたところで、電光石火で身体を洗う。そしてまた4杯浴びる。

お湯は全く浴びない。

冷水とお湯を交互に浴びる温冷浴というものがあるが、これは、また、別の効果があり、それはそれで、気持ちが良い。

我が家は木造平屋、夏暑くて、冬寒い。
本日は朝起きたら室温は8度。最低記録は2度。笑

自分は毛布一枚、せんべい布団で寝ているが、この季節でも朝起きたらいつも汗でびっしょりになっている。日中の平熱は一番高いときは37.2度くらい。

白人男性は37.5度ある方もいるようだから、まだ負けている。ダライ・ラマ猊下以下、チベット仏教の仏僧は、真冬でもタンクトップ僧衣で、肩を出している。私はまだまだ修行が足りない。

多分、本日は、水道水は5度前後まで落ちていたはずだから、超気持ちが良かった。水をかぶった瞬間、身体が発熱して、零下の日には湯気が立つ。不思議なことに鳥肌はたたない。というか続けいていると、鳥肌がたたなくなってしまう。

夕方はトレーニングの後で、汗をかいているが、これも水で洗い流して、お湯はかからないことが多い。

しかし、お湯が出るというのはありがたいことだ。
自分は、ヴィーガン生活で食事が特殊なので、ほぼ自炊。
あとじまいの洗い物も結構多い。そんなときお湯が出るのは、ありがたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です